バイナリーオプションは難しい取引なのか?

バイナリーオプションという言葉を最近よく聞きます。取引なのは分かりますが、難しいのでしょうか?
そもそも、バイナリー(binary)とは、英語で「二の、二つの」という意味です。この二つというのは、上がるか下がるか…ということを指します。

バイナリーオプションは取引の1つのやり方ではありますが、今までの株や先物取引とはかなり違いがあります。外国の為替相場を中心に扱い、結果が早く出やすいのが一番の特徴です。早いもので30秒で結果が出るというのにはちょっと驚きです。長いものでも一か月くらいです。この時間の幅も自由に決めることが出来ます。

また、バイナリーオプションの取引をする会社も、日本だけでなく海外の会社も選ぶことが出来るのです。これはインターネットの普及のおかげですね。しかし、海外にある会社で取引をするのには少し注意が要るようです。海外の会社には日本の法律が通用しません。もし、その会社が倒産した場合は、そこに預けたお金がなくなってしまう可能性が高いのです。その点、日本の会社で取引をしていれば、万が一会社が倒産しても預けているお金は守ってもらえます。日本では、バイナリーオプションの会社はまず金融庁に登録してあり、倒産しても利用者のお金はなくならないようにしてあるので、世界でもとても信用が高いのです。

バイナリーオプションでは、その予想が当たった場合、賭けていたお金は約2倍になります。ただし、賭け金にはリミットが設けてあって、何百円単位~数万円の中での賭け金になります。予想が外れたら、もちろん賭け金はなくなりますが、仮に為替相場が大きく動いてしまったとしても、賭けていたお金の金額を超えてなくしてしまう心配はありません。金融取引にはすべてなんらかのリスクがつきものである中で、良い方と悪い方の結果が見えやすく、扱いやすい取引であるとも言えます。金融取引は国が変わればルールも全く異なるので、扱う業者や会社をしっかり調べてから始めたほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ