バイナリーオプションを使いこなしてリスクコントロール

投資にはリスクがつきものであるのは言うまでもありませんが、レバレッジを用いた投資は特に注意が必要です。レバレッジとは元々の資産の数十倍の投資を行えるという魔法のような手法ですが、当然リスクも膨大なものになります。元々100万円の投資を行っていた人が、レバレッジを使うと1000万円や2000万円の投資を行うことも可能になるので、そのリスクも当然比例して増大します。そのため多くの方がレバレッジで儲けたというもも事実ですが、それ以上にリスクをコントロール出来ずに資産を失ったという方も多くいらっしゃいます。

こうしたリスクのコントロールはひとえに青天井の損失を上手く切れなかったという面にあります。例えばFXならば損失も利益も基本的には青天井ですが、損失の場合には致命傷になるまえに早めにポジションを切ることが大事です。しかし、多くの方がまた戻るという楽観的な判断で資産を溶かしてしまうのです。そうした資金コントロールの難しさを解決する方法としてはバイナリーオプションがあります。バイナリーオプションはFXと同じく為替相場に投資を行うのですが、大きな違いは損失が限定されているという点です。つまりバイナリーオプションでは上がるか下がるか二択のチケットを購入し、予想が当たった場合には払い戻しが行われます。投資というよりは競馬などに近い利益の仕組みなのですが、チケットの代金以上の損失は無いという点もFXとの大きな違いになります。

つまり為替相場が何十円動こうともバイナリーオプションの場合には最初に購入したチケット以上の損失はないので、極めて狭い範囲でリスクをコントロールできます。これがFXではレバレッジを利用した投資を行い、まさに目も当てられないほどの損失となってしまいます。例えば100万円をレバレッジ10倍の1000万円で投資していた場合には1000万円分の通貨を購入していることになるので、数十円も相場が動けばまさに壊滅的なダメージになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ