バイナリーオプション考察

バイナリーオプションで資産運用しています

人間は2種類に分けることが出来ます。それはギャンブルをする人としない人です。ギャンブルを好きか嫌いかではありません。ギャンブルを好きな人は大抵の場合ギャンブルをする人だと考えられます。ギャンブルが好きなのにやらない人がもしいるとすればその人には何か事情か訳があると思われます。過去にギャンブルで痛い目を見て懲りた、とかそういう人を身近に見てギャンブルの怖さを知っているので手を出さないようにしている、とかそんな感じでしょうか。どちらの場合もギャンブルをやらないのはギャンブルが嫌いだから、が理由ではないということです。逆にギャンブルをしないからといってその人がギャンブルを嫌いと決め付けられないということでもあります。

前置きが長くなってしまいましたが、私はギャンブルをしない人間でした。でした、と
過去形になっているのは今はギャンブルをする人間になったからです。私は元々、競馬や競輪、パチンコやカジノなどのギャンブル・賭博・賭け事全般に関心がなく、経験もありませんでした。嫌っていたわけではありませんが、リスクを恐れて避けていたというのは確かにあると思います。危険はできるだけ避けて通るのが私のこれまでの考えでした。しかし、バイナリーオプションとの出会いが私を変えたのです。年齢を重ね、幾らかの蓄えができたとはいえ先のことを考えると充分には程遠い額でしかありません。僅かとはいえ資産の運用をして増やす必要を感じるようになりました。どうすればいいか運用方法を探っているときにバイナリーオプションの名前を見つけました。

調べてみるとギャンブル的な要素が強めで、最初は敬遠していました。しかし、その他の運用方法も五十歩百歩といった感じで、大きく資産を増やすためにはある程度のリスクは避けられないと悟ったのです。それでも最初から大きなリスクは背負えませんから小額から始められるバイナリーオプションに再び目を向け、ここから始めることにしました。
やってみてもこれは確かにギャンブルですが、単に運任せでもないしリスクも確定されているので比較的安全かもしれません。熱くならないように気をつけながらやっています。

数分後の相場を予測できるかどうか

始めてバイナリーオプションをやる時には、事前にデモ取り引きにて練習することが可能です。全く自分のお金を投資する事なく、本来の為替の動きを見ながら投資したかのようなデモをすることが出来るのです。これを何度か試していくことによって、バイナリーオプションの流れが分かってくるのです。操作方法などどのように動くのかが分かってくると、後は本当にお金を投資してやり始めるわけです。

ただ、この時にもゲーム感覚がどうしてもあるので、上昇していくのか、もしくは下落するのかについて明確な答えがないまま投資をする人が多いのです。このようにお遊び感覚でやるのではなく、実際の投資なのですからお金がなくなってしまわないようにしっかりとしたリスク管理をする必要が有ります。現在情報などを確認することによって、少しでもバイナリーオプションの通貨取引の動きを予測することが大事なのです。ある程度予測通りに動く可能性も有るので、そのあたりを考慮しながら何度も試す事によって、実際の動きと自分の予想を合わせて行く事が可能になるはずです。

このように、バイナリーオプションは経済情報を多く分かっているとの方が成功する可能性が高いのです。ただ上昇するか下落するかの二つに一つの答えを出すとても簡単な方法となりますが、その中でも通貨取引の相場が変動する理由が必ずあります。この変動する理由を自分で明確に判断して情報を追求して事ができる人が、投資に向いている人だと言えるのです。

ただ様々な人が挑戦して、その内容をブログなどで公開していますが、大きく勝利と高める方法は今のところ分かっていません。実際のところは様々な国の人が通貨取引をするので、何に必要なのでそれだけ多くの織機をするのかなどが分かっていればある程度予想ができるかもしれないのです。しかしあまりにも大きなお金が動くので、経済情報を良く知っている人でも、数分後の通貨捕り手の変動を予測するのは相当に難しいことなのです。

バイナリーオプションを使いこなしてリスクコントロール

投資にはリスクがつきものであるのは言うまでもありませんが、レバレッジを用いた投資は特に注意が必要です。レバレッジとは元々の資産の数十倍の投資を行えるという魔法のような手法ですが、当然リスクも膨大なものになります。元々100万円の投資を行っていた人が、レバレッジを使うと1000万円や2000万円の投資を行うことも可能になるので、そのリスクも当然比例して増大します。そのため多くの方がレバレッジで儲けたというもも事実ですが、それ以上にリスクをコントロール出来ずに資産を失ったという方も多くいらっしゃいます。

こうしたリスクのコントロールはひとえに青天井の損失を上手く切れなかったという面にあります。例えばFXならば損失も利益も基本的には青天井ですが、損失の場合には致命傷になるまえに早めにポジションを切ることが大事です。しかし、多くの方がまた戻るという楽観的な判断で資産を溶かしてしまうのです。そうした資金コントロールの難しさを解決する方法としてはバイナリーオプションがあります。バイナリーオプションはFXと同じく為替相場に投資を行うのですが、大きな違いは損失が限定されているという点です。つまりバイナリーオプションでは上がるか下がるか二択のチケットを購入し、予想が当たった場合には払い戻しが行われます。投資というよりは競馬などに近い利益の仕組みなのですが、チケットの代金以上の損失は無いという点もFXとの大きな違いになります。

つまり為替相場が何十円動こうともバイナリーオプションの場合には最初に購入したチケット以上の損失はないので、極めて狭い範囲でリスクをコントロールできます。これがFXではレバレッジを利用した投資を行い、まさに目も当てられないほどの損失となってしまいます。例えば100万円をレバレッジ10倍の1000万円で投資していた場合には1000万円分の通貨を購入していることになるので、数十円も相場が動けばまさに壊滅的なダメージになります。