寝る前に欠かせない私の副業はバイナリーオプション

一日の終わりに少しの時間を使って稼ぐバイナリーオプションが私の生活の一部になり、最近はチャートの形を見ただけでもどういうやり方で挑めばいいかが即座に判断できています。ほんのちょっとでもやったことがあるならわかるかもしれませんが、この投資は色々とゲームっぽい感じがしてお金のやり取りをしているという感覚がなくなってきます。だから、お金稼ぎだからといって家に帰っても仕事の延長という感じでやるわけではなく、遊びでやっているという気分で私は楽しく取引しているのです。

連続で予想を当てていくと元手が少なくてもいずれ大きな金額に化けるという期待を抱くことができるから、預託金に対してわずかな購入額で運用するのが私のバイナリーオプションに対するスタンスです。感情移入せず機械的に取引をするのが理想だけれどやっぱりそううまく冷静になれるメンタルを私は持ち合わせていないので、リスクにさらさないままの口座残高の数字が大きいほどミスらず落ち着いて取引できます。この不思議な心理はどの投資で活躍している人でもきっとうなずいてもらえるでしょう。

為替の取引は流れを読むことが大事だから上下どちらか判断できなければ待つのも大事ですが、バイナリーオプションくらい短期間で取引が終了するものならそこまで流れを意識した購入方法を取らなくても全然戦えると思います。なので私は帰宅してからロンドンフィックス前まで開催中はほぼすべて参加し、わずかなチャンスも見逃さないようにチェックしています。この期間はちょうど重要指標と重なることもあり、通貨ペアの動きの癖さえ知っていれば事前の指標予想がどうかに関係なく捉えやすいです。こうした大胆な取引ができるのもどれだけ動いたかという幅を一切無視することのできる、バイナリーオプションの特徴ゆえなのでここでしか通用しないかもしれません。

数回やって調子が良いと感じたらその次からは購入金額上げていき、倍々で増やしていくという荒業を行うときもあります。元手が少ないからなくなっても大丈夫という気構えでいけるのが成功の秘訣だと自分では思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ